2017.02.24更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

入浴の仕方について数回に渡ってお伝えしてきましたが、今回で一区切りです。

今までお伝えしてきた内容は、何もアトピー性皮膚炎で悩まれている方だけでは

なく、皆様に共通して言えることです。

熱いお風呂が好きな方もおられるとは思いますが、熱いお湯は肌にとって、

刺激でしかありません。そして、皮膚が熱さに負けちゃうので、身体の芯まで

温まりにくいので注意が必要ですよ。

 

本日のテーマは「入浴環境」です。

 

入浴環境を整えることも、反復継続して入浴を実践しているアトピー性皮膚炎の方に

とっては大切な要因です。特に、水道水に含まれる遊離塩素は、アトピー性皮膚炎の肌に

ダメージを与える要因である、という研究報告がありますので、処理はしっかり行うようにして

くださいね。

ダメージ 遊離塩素 さくら鍼灸整骨院 京都市 伏見区

また、塩素の処理だけでなく、血流を促進したり肌をしっとしさせる入浴剤を使用することで、

身体や肌への入浴効果をさらに高めることができますよ。

 

じんわり皮脂を伴う汗をかく

血流をよくする

 

基本は、この二つになります。

 

感染症が強い状態であれば、殺菌ができる成分などが有効になることもありますが

それはあくまで一時的なものです。健常な肌に殺菌を続けた場合逆に正常な菌叢を

乱すこともあるので注意が必要です。入浴環境も自分にとって必要なところを

補えるよう、適切に整えてくださいね。

整える さくら鍼灸整骨院 京都市 伏見区 アクシスメソッド アトピー整体 産後の骨盤矯正

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド 京都市 伏見区 体幹強化 身体能力向上

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.23更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

2月もそろそろ終わりというのに、夜はまだまだ冷え込みますね。雨が降ったりすると

そのまま雪に変わってしまうのではないかと、いつも仕事から帰るときビクビクしています(笑)

この寒い時期はどうしてもお風呂の温度が高い目になってしまいます。お肌にトラブルを

抱えておられない方は問題ないのですが、アトピー性皮膚炎の方は、高い温度でお風呂に入ると

お風呂上がりに感想を招いたりするので、要注意です。

 

 

本日のテーマは「入浴温度」です。

 

アトピー性皮膚炎の方にとって求められる入浴温度は、「しっとりとした皮脂を伴う汗がかける温度」、

つまり体内の深部温度+1℃ぐらいです。具体的には39℃前後が理想となります。

はい 了解 ラジャー 了承 快諾

しかし、寒さが厳しい時期、体感的に39℃では、「温まり感」を感じにくいため、どうしても温度を

41~42℃まで上げてしまうケースがあります。風邪を引いたりして体が「高熱」になる場合、

体温は40℃を越えることもあります。この状態は内臓の器官にとっては大きな負担となってしまいます。

外敵に対しては高温が効果的に働きますが、内臓機能は低下させてしまい、場合によっては生命維持にも

危険が生じることがあります。

びっくり 危険 命 高温 入浴

そのため、そういった高熱が出た状態になると、身体は急激な「」をかいて体温を放散、熱を下げようとします。

41~42℃での入浴は、この「体温を放散」させることを必要としている入浴温度になります。

急激な汗は皮脂を伴いにくく、単に角質層からは水分蒸散だけが行われ、肌は乾燥の方向に向かいます。

 

もちろん、41~42℃の入浴は、急激な体温上昇を目的とする場合には有効ですが、その場合、入浴時間を

短時間済ます必要があります。そして、アトピー性皮膚炎の方は、「皮脂を伴う汗をかくこと」、

そして「血流を良くして肌の修復を進めること」が求められますので、短時間の入浴では、その目的を達することが

できません。長時間の入浴が可能な入浴温度を求められます。

OK 了解 わかった

アトピー性皮膚炎に対して、入浴が「プラス」に働くか、「マイナス」に働くか、もっとも大きな分岐点が、

この「入浴温度」にあるといっても過言ではありません。心地よい入浴は確かに大事ですが、いくら心地よく

感じても、肌に負荷が継続してかかる状況(乾燥に向かわせる、など)では意味がありません。

入浴 高温 無理 

特に冷え込みが強い今の時期、肌にとって必要な入浴を実践するように心がけて頂きたいと思います。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.22更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

この時期は本当に手足、足先が冷えますよね。特に女性の方は冷えやすいのでは

ないかなぁと思います。日々の生活習慣を変えていくだけで冷えは解消できるのですが、

「あれもこれも」とはいかないのが現実かと思います。

本当は生活習慣の全てを見なおして改善するのがいいのですが、その中でもまずは、

「運動」「入浴」そして「食事」を見直すことが必要となります。

 

本日のテーマは「血流の改善は入浴で」です。

 

先日も述べましたように冷えの状態を改善することは、「血流の改善」が

必要になるわけですが、血流を良くする身近な方法は「運動」と「入浴」です。

運動 体操 歩く ウォーキング

ただ、運動の場合、寒さが厳しい今の時期、血流を改善するために

求められる運動量は、気温が高い時期よりも多い量を求められ、身体が必要とする

熱量を得ることは大変です。

熱量 カロリー 運動 歩く 自転車

そこで実践したいのは、毎朝の生活習慣である「入浴」を上手に活用することです。

ただ、入浴は、温度時間入浴環境によって、アトピー性皮膚炎の肌状態に

プラスマイナスの両面をもたらすため、「正しい入浴」を行うことが大切になります。

入浴 正しい

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正 骨盤矯正 育児 アクシスメソッド

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

マタニティ 不妊 子宝 整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.21更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

世の女性にとってはこの時期「冷え」の対策は必須ではないかと思います。

冷えますと、免疫力が下がりますし、罹らんでもええ病気になったりと

ええことは一切ありません。

お肌にも同じことが言えます。冷えることによって、自分で行える

スキンケアが上手に出来なくなり、乾燥し、痒みが出て、掻き壊し、

またひどくなるという悪循環ができてしまいます。

そこで、もう2月も末ですが、まだまだ冷え込みますので、

冷やさないように対策を練ってくださいね。それでは、何回かに分けて

冷え対策をお伝えしていければと思います。

 

本日のテーマは「冷え対策」です。

 

今年に入って、強い寒気が流れ込んで気温が低下、各地で大雪になるなど、

冷え込みが強い状況が続いています。

 

人は恒温動物なので、一定の体温を保持するよう自律神経が機能しています。

人の体温は血流によって運ばれる熱によって維持されますが、寒い時期、

皮膚表面からの熱の放散を少しでも防ぐため、自律神経は皮下血流

悪く」するよう機能します。

恒温動物 体温 冷え 熱 放散

皮下血流が悪くなることで内臓など重要な器官の熱が減らないように働くのです

外気に接する部分への熱の伝達が減る分、熱の放散は減りますが、それは同時に

汗をかかない皮脂も出ない」、そして汗と皮脂によって形成される

自分の力で行うスキンケアの機能も低下させていることを意味します。

スキンケア 低下 乳化 皮脂 皮脂膜 汗

また、掻き壊しなどが見られた肌が修復されるためには、血流によって修復に

必要な「物質」が届けられる必要がありますが、冷えの状態では、血流そのものが

低下しているため、こうした肌のダメージの回復が遅れがちになります。

掻き壊し ダメージ肌 血流低下 物質

このように、冷えの状態とは、単に手足が冷たく感じるだけでなく、

アトピー性皮膚炎の方にとっては、肌の乾燥ダメージ肌が回復しない

という二重のマイナス点を抱えることになります。

肌の乾燥 ダメージ肌 手足の冷え アトピー

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話や

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォーム

ご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.20更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

今回で2月のアトピーケアシリーズの最終回です。

この時期は「保湿」はしっかりするけども、「保水」はあんまし…という方が

やはり多いです。

それはそれで間違っていないのですが、例えば公園の乾いた砂場(乾燥したお肌)に

ビニールシート(保湿)を被せるとします。これがいわゆる保水をしないで保湿を

している状態です。乾いた砂の上にビニールシートを被せても砂場は潤いませんよね。

でも、乾いた砂場(乾燥したお肌)に水(保水)を撒いてからビニールシート(保湿)を

被せると砂場は潤ったままです。

これが保水をしてから保湿をしている状態です。

どちらが潤いを保てますか?水を撒いてからビニールシートを被せる方が保てますよね。

だからこの乾燥する時期は「保水」が大切になるんですねぇ。

 

本日のテーマは「~アトピー性皮膚炎の方のスキンケアの基本は保水であることを忘れずに~

 

乾燥対策として行う保湿ケアで、注意して欲しいのが、保湿ケアを「活かす」ためには

保水ケアが必須である、ということです。

 

保水を行わないまま保湿ケアだけ行っても、角質層内の水分量を減らさないようには働いても

補う働きまでは至りません

びっくり

まずは、保水ケアで、十分に水分を与えてから、その水分を「逃がさないように」、重ねて行うケアが

「保湿」ケアです。

 

水分が減ることでバリア機能が低下した肌状態に対しては「保水」が必須であることを忘れないよう

にしてくださいね。

おーけー

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.17更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

今日は近所の小学校が参観日やったみたいです。

せっかくの参観日に雨降りってのも…何よりもお母さんが大変ですね。

ちょうど小雨やったので自転車のお母さんや傘をさしていたりいなかったり。

それでもやっぱお母さんが見に来てくれたら嬉しいですよねぇ。

 

 

本日のテーマは「~角質層に水分を留めるための保湿ケア~」です。

 

角質層の乾燥は水分の蒸散を油分で覆うことで抑えるだけでは、十分でないことがあります。

その原因が「角質層に水分を留めるための因子が不足している」という部分です。

留める

アトピー性皮膚炎の肌に対する研究では、これまで、セラミドフィラグリンといった、

角質層内において水分を保持するために必要な因子が不足している傾向が明らかになっています。

角質層内で水分は「」の状態で留まっているわけではなく、「何か」にくっついて保持されています。

つまり、これらの水分を保持するための因子が不足している場合、当然、蒸散もしやすくなります。

水分保持

角質層に十分な水分が留まるためには、留めておくための因子も必要になる、ということです。

そして、このセラミドフィラグリンは性質上、塗布するスキンケアでは十分な補給が行えません

なぜなら、細胞間脂質など他の角質層内の物質として機能しなければならないため、自らの体で

生成」する必要があるためです。

エネルギー 生成 作りだす

一般の「乾燥肌」とは違い、アトピー性皮膚炎の方は、掻き壊しなど他の要因が角質層内の水分を

失わせやすい状態にあります。角質層内に「十分な水分を保持する」ためには、その水分を

保持する因子もまた「十分に存在する」必要があると言えます。

 

もっとも適切な方法としては、自ら生成するための材料を補給する、つまりサプリメントの活用が

良いです。そして、活用する際は、しっかりとしたエビデンスがあるサプリメントを選んでくださいね。

サプリメント フィラグリン

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド さくら鍼灸整骨院 京都

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.16更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

この時期は、大気が乾燥しているからという理由もありますが、基本的には汗を

かく量が夏場と比べて圧倒的に少なくなります。

汗とは、かくと嫌がる方が多いのですが、汗をかくことで、皮脂と混ざり皮脂膜が

形成されます。そして、その皮脂膜が肌の水分蒸散を防ごうとしてくれます。

冬場でもしっかり汗をかけるのであれば、良いのですが、なかなか汗をかけないので

あれば、スキンケアにてしっかり肌からの水分蒸散を抑えるようにする必要が

あります。

 

本日のテーマは「~角質層からの水分蒸散を減らす保湿ケア~」です。

 

角質層からは、常に水分が蒸散していますが、通常は、汗と皮脂が乳化することで作られる

皮脂膜」がお肌を覆うことで、その蒸散を調節、角質層の水分不足=乾燥)を防ごうと働きます。

しかし、汗がかきづらい寒い時期、特に汗をかきにくいアトピー性皮膚炎の方は、この皮脂膜の形成が

上手にできていない状況が見受けられます。そのため、乾燥が生じやすい、ということがあるのですが、

その対策としては、角質層の水分蒸散を防ぐための保湿ケアを行うようにしてくださいね。

汗 乳化 皮脂 皮脂膜

具体的には、油分系アイテム(液状、固形のオイルアイテム、オイル分を多く含むクリームなど)で

バリア機能が低下した状態の部位を「覆う」方法です。なお保水は、多めに行うことが基本となります。

ほとんどのアトピー性皮膚炎の方は、この保水の量が足りていないことで、バリア機能の回復が

遅れているケースが多いです。

卵肌

それに対して、オイル系アイテムで水分蒸散を抑えるための「保湿」ケアについては、蒸散を抑えるための

量があれば十分ですので、特に多めの必要はありません。特にオイル系アイテムは、べたつき感があることで

抵抗がある方もおられます。

ただ、保湿ケアは、いわばお肌の「一番上に行うケア」と言えます。そのため、服と擦れたり露出部位を

触ったりすることで、どうしてもオイル分が定着している時間が短くなりやすいものです。

おススメスキンケアアイテム

そこで、乾燥時期のしっかりした保湿ケアとしては、頻度を多く行うことを心がけてくださいね。

朝、学校や仕事に行く前に保湿ケアを行って、帰ってくるまで何もしない、というのは、今の時期、角質層の

バリア機能を考えた場合、大きなマイナスとなります。食事の時間や休憩時間などを利用して、

塗り直し」は行うようにしてくださいね。

塗り直し 乾燥

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.15更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨 木藤です。

 

この時期のアトピー性皮膚炎の方の一番の悩みは乾燥による

掻き壊しです。掻き壊しの原因は主にお肌の水分不足です。

普段よりも多い目の保水を心がけてください。

 

本日のテーマは「~保水と保湿~」です。

アトピー性皮膚炎の方の肌の状態を考えた場合、バリア機能の低下は、角質層内の

水分保持状態が低下したことからもたらされることが多く、そこに掻き壊し

加わることで、さらに水分を保持しづらい状況になっています。

肌 水分不足 水分蒸散

そのため、対策の基本は、他の季節と同様に「保水」になりますが、大気の乾燥

みられる分、角質層からの水分蒸散量多くなりますので、肌に「保水」で与えた水分を

角質層に留める為の「保湿」も強化することが必要になります。

強化

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームより

お問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォーム

ご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.14更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

2月も折り返しになりましたね。そろそろ、春への季節の変わり目に

なります。この季節の変わり目は、色々な意味で体調管理が必要と

なってきます。ただ、その時に焦って対応してもすでに時遅し。

季節ごとの対策は春なら冬に、夏なら春にと1季節前からの対応が

必要となってきます。

その時になって焦って対応するのではなく、前もって準備をしておく

ことが大切になります。

 

本日のテーマは「2月のアトピーケアのポイント」です。

 

真冬の季節、お肌は乾燥し、冷えの状態も強くなることで、アトピー性皮膚炎の症状に

影響が見られやすい時期でもあります。

このあと、春先になると、季節の変わり目から状態を落としやすくなるため、今の時期に、

しっかりお肌の「回復」を図ることはとても大切になります。

これから2月のアトピーケアで大切なポイントを数回に渡ってご紹介していきます。

回復 復活 お肌 

~乾燥対策~

最近の私たちの生活環境は、随分を進歩して、生活空間のほとんどでは暖かく過ごせるように

なってきましたね。しかし、基本的に、外的な環境が変化した訳ではありませんので、

大気が乾燥しやすい」状況は変わっていません。

大気 乾燥

そして、エアコンが主流となっている暖房器具は、乾燥状態を強めますので、お肌のバリア機能にとっては、

低下しやすい環境となっている状況です。

昔よりも現代の方が、お肌にとっては逆に影響を受けやすい環境と考えた方が良いです。

乾燥 エアコン 暖房器具

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で即感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームより

お問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.02.13更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

昨日は、京都市にある小学生たちが京都市内を走る「大文字駅伝」が

ありました。公立校も私立校も関係なく各地域の予選を勝ち抜いた

50校弱の小学校の生徒たちが、この寒空の中タスキをつないで

いました。

次の土曜日は、「京都マラソン」です。再び京都市内は交通規制です。

京都市内を走ってできるのはどうやら人気らしく毎年抽選みたいです。

間違っても僕は走りませんけどね(笑)

 

本日のテーマは「冬の時期に入用から得られることとは?その③」です。

 

~入浴は、アトピー性皮膚炎を良くすることもあれば、悪くすることもある~

朝の体温上昇を手助けできる「朝の入浴」「朝の足湯」を併用することも

より効果的な入浴に繋がりますし、入浴を行う環境も大切です(お肌に影響を

与える水道水中の遊離塩素の処理など)。

やっつける 遊離塩素 塩素 処理

時々、入浴自体がアトピー性皮膚に良くない、ということで入浴を控える指導を

されるお医者さんがおられますが、入浴による問題点のほとんどは、乾燥による

皮膚バリア機能の低下です。

乾燥肌

これは、前回にも述べましたが、入浴方法(入浴温度など)が誤ったことにより

生じる結果です。健常な一般の方と、アトピー性皮膚炎の方は、入浴により

「得たい効果」が異なります。

 

入浴方法、入浴環境次第で、アトピー性皮膚炎の症状は良くなることもあれば、悪くなる

こともあります。薬の例でいえば、量や種類飲み方が正しくなければ薬も「」に

なるのと同じで、温度や回数時間について、誤らない入浴ができれば、入浴は

アトピー性皮膚炎にとって「良薬」になりますよ。

天使と悪魔 良薬 毒 薬

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

その場で実感!驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

  

何かお悩みのことがありましたら、お電話や

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォーム

ご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

前へ