2015.08.26更新

本日のテーマは「ストレスとの上手なつきあい方(前編)」です。ストレスとは、

負担に反応して生じる心身の変化のことです。多少のストレスがあったほうが

集中力とやる気が高まるというよい面もありますが、ストレスが大きかったり、

長く続いたりしすぎると、こころだけでなく体の調子も悪くなってくることがあります。

次に挙げる8つの支店を取り入れて、ストレスとうまくつきあっていきましょう。

【ストレスとのつきあい方8カ条】

ギャンブルお酒以外の趣味を持つ         
ギャンブルや過度なお酒は新たなストレスにつながる可能性があるので、スポーツに集中する、

家庭菜園で農作業をするなど没頭できる趣味で気分転換をしてください。

 

入浴を楽しむ                  
入浴には疲労回復や気分をリフレッシュさせる効果があります。特に効果的なのが、ぬるめのお湯での

半身浴です。心臓への負担も少なく、副交感神経が活性化されるので、ストレス解消につながります。

 

しっかり眠る                   
睡眠時間は量よりも「目覚め心地の良い」睡眠かどうかがポイントです。日中に

眠気がないか、活動性や集中力が保てるかに着目してください。

 

④日常生活の中でからだを動かす           
適度な運動は、さまざまな病気を予防したり、疲労やストレスを解消するなどの

効果があります。ウォーキングやストレッチなど日常生活の中で手軽にできることから始めてみてください。

 

変化を重ねない                  
昇進したので、新居を購入し、慣れない環境で仕事を長時間頑張る。良い出来事であれ

悪い出来事であれ、環境の変化はストレス要因です。体調や気分がすぐれない時は、

新しいことは始めず、先延ばしにできるものは先延ばしにし、変化を重ねないように注意してください。

 

おっと、長くなりそうです。という事で、かわら版始まっての2部構成でいきます。

前編はこれで終わりです。後編もお楽しみにしてください。

 

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、アトピー施術、産後の骨盤矯正、マタニティ整体、などを

 

得意としています。

 

 

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、長岡京市や向日市、高槻市など色々な地域の方のご来院も

多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.08.17更新

本日は「女性と高齢者に便秘が多い理由」です。一般的に女性は男性よりも便秘が多いと

いわれています。理由としては、次の2つが考えられます。

まず1つは、女性は男性よりも筋力が弱いことが挙げられます。腹筋横隔膜など、排便時に必要な

筋力が弱いために、便をしっかりと押し出すことができず、便秘になってしまうのです。高齢者に便秘が

多いのも同じ理由で、加齢とともに筋力が低下するためだと考えられます。

2つめの理由は、女性ホルモンの影響です。排卵後に多く分泌されるプロゲステロンという

女性ホルモン(黄体ホルモン)は、女性の筋肉を収縮させる蠕動運動を抑える作用もっています。

そのため、便をスムーズに運ぶことができず、便秘が起こってきます。また、プロゲステロンは体内に

水分を溜め込む作用もあるため、便が硬くなります。ますます便通が悪くなってしまいます。ほかにも、

食事量が少ない運動不足なども、女性と高齢者の共通する便秘の原因です。便秘が続くような場合は、

病気が隠れている危険性もあるので、一度は消化器科などを、受診して、病気がないかどうかきちんと

確かめておきましょう。

では、ここで便秘を予防する体操を紹介したいと思います。ただし、この体操をしたからといって

全ての方の便秘が良くなるとは限りません。悪しからず。


☆☆☆便秘を防ぐ!!腸を刺激する体操☆☆☆


・立ったままで出来る体操

①いすの背もたれに手を添え、足を肩幅に開きます。
②腰をおとしてお尻を突き出します
③おしりを左斜め後方にして脇腹をひねるようにします。
 (右肩を軽く内側に入れるようにします
④同様に右斜め後方。これを繰り返します


・寝る前にするとよい体操

①足を開いて仰向けになります。
②片膝を曲げて反対の脇腹のほうへ持ち上げ、体をひねります
③5秒その状態をキープした後、反対の足も行います

そんなに難しくない体操です。もちろん、これだけでなく食生活の見直しや、適度な運動も必要になります。

 

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、アトピー施術、産後の骨盤矯正、マタニティ整体、などを

 

得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、長岡京市や向日市、高槻市など色々な地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

投稿者: さくら鍼灸整骨院