2015.10.14更新

人間の腸内には、約100兆個もの腸内細菌が棲んでいまして、その重さは1~1.5㎏もあります。

特に大腸は腸内細菌たちが繁殖しやすい環境です。

 

腸内細菌たちは大腸に運ばれてきた栄養分や大腸から分泌された粘膜を食べて、ビタミン酵素などを

分泌してくれたり、小腸で分解できなかった繊維などを分解してくれます。身体はそれたの栄養を吸収して、

健康を維持しているのです。

 

また、細菌には善玉菌悪玉菌がいます。

 

取り合えず、身体に良い物質を出す菌を善玉菌、身体に悪い物質を出す菌を悪玉菌と区別していますが、

はっきりと区別できない複雑な働きがあります。

例えば、大腸菌は赤ちゃんが生まれた時に、すぐに体内に入ってきますが、人間の身体はそれによって免疫力が

高まってきます。

 

実は、お互いの働きで、バランスを取りながら、腸内の健康を維持していきます。

 

そして、悪玉菌代表の大腸菌が腸内の栄養を貪り始めると、善玉菌代表の乳酸菌が、負けないように頑張って

食べるというように、善悪が互いに競い合って成り立っている世界ですが、善玉菌優勢で、バランスが取れているのが、

理想的な腸内環境です。

 

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、アトピー施術、産後の骨盤矯正、マタニティ整体、などを

 得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、長岡京市や向日市、高槻市など色々な地域の方のご来院も

多くあります。

何かお悩みのことがありましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ