2015.12.24更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

今日は「クリスマスイヴ」ですが、皆様はどのように過ごされますか?

 

僕は…まぁ、いつも通りですね。きっと(笑)

 

それでは今回から数回に分けてスキンケアアイテムの選び方と使い方

ふにゃっとお伝えしようと思います。

 

アトピー性皮膚炎の方のお肌と健康な方のお肌の違いで最も大きいのが、

表皮の水分量」です。

アトピー性皮膚炎という疾患を考えますと、表皮育成因子が不足していることで

バリア機能が低下し、そこから水分保持ができずに、角質層の水分量が低下する、

という流れになりますが、アトピー性皮膚炎の方のお肌を「結果」として考えた場合、

最も重要なポイントが、この「水分」になるということです。

 

アトピー性皮膚炎の方は、お肌のフィラグリンセラミドが不足していることが

研究の結果で分かっていますが、これらの因子は角質層内に水分を保持するために

必要な因子となります。つまり、表皮を保持する因子が不足していることから

バリア機能が低下した状態が現れ、加えて角質層の水分保持能力が低下している

ことで、バリア機能をさらに低下した状態に陥らせます。

そして、黄色ブドウ球菌などの定着を招くこと、さらには角質層内の水分不足は

本来真皮内に溜まるはずの痒みを知覚する神経線維を角質層内に侵入させてしまい、

お肌に対する「刺激」を痒みと知覚しやすい状況を生み出してしまいます。

そういったことから掻き壊しが生じやすくなり、バリア機能の低下をさらに強くすることが、

アトピー性皮膚炎発症のメカニズムの一つと考えられています。

 

そこで、キーポイントになるのが、角質層の「水分」、つまりは「保水」です。

アトピー性皮膚炎の方の症状でみますと、乾燥した状態カサついた状態はもちろん、

この「保水」が必要なのですが、ジュクジュクした炎症などは一見したら水分の不足が

関係しない状態に見えるお肌でも、角質層内の「水分量」が保たれていなければ、

結果的にバリア機能が維持できないことになるため、「保水」を考えることはとても

大切になってくるのです。

 

アトピー性皮膚炎のお肌にとって、そのケアを考えていった場合、お肌の状況、

症状に関わらず共通して必要となる要素は「水分」であって「保水」が

アトピー性皮膚炎のスキンケアの「基本」となります

そして、「保水」とはあくまで角質層への「水分の供給」が目的となりますので、

水分を多く含むアイテムジェルローション系のアイテムを選択することが必要となります。

 

次回は「保水」アイテムの選び方と、使い方をふにゃっとしますね。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.23更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

 

今日は寒いです。祝日は完全予約制にて治療をしていますが、

院内はとてつもなく寒いです。

暖房が壊れているんやないかと思うくらいです。

 

そろそろ電気ストーブも投入しないといけませんかねぇ。

 

アトピーの皆さんはしっかりスキンケアはされていると思います。

でもそれが本当に合っているのかどうなのか、使い方が合っているのか

どうなのかってな疑問が出てきたりしませんか?

 

ということで、今回からスキンケアアイテムの選び方と使い方の一例を

何回かに分けてお伝えできればと思っています。

 

アトピー性皮膚炎の方のお肌の状態は、乾燥していたり、反対にジュクジュクしたり

赤みや、掻き傷、また症状が出ている部位も個人ごとに異なるなど、個人差が大きいことが

特徴です。

 

また、ステロイド剤プロトピック軟膏など免疫を抑制する薬の使用状況によって、

黄色ブドウ球菌ヘルペスなどの感染症にも罹りやすくなっているかどうかも、

異なってきます。

 

皮膚のバリア機能を正常な状態に保つことが、アトピー性皮膚炎のケアを考えていく上では

最も大切になりますが、正常に保つためには、お肌の乾燥、保湿の状態、感染症の状況、

掻き傷の状況など、個々の状態に合わせたケアを行うことが大切になります。

 

お肌のケアを行うスキンケアアイテムは、配合されている成分や形状などにより、

その使用目的も適したお肌の状態も異なりますので、何より「自分の肌に合っているか

どうか?」が判断の基準になることは確かです。

 

まずは、最初の目安となる「スキンケアアイテムの選び方」について説明していきますね。

 

んーーーー。長くなりそうなので、詳細は次回に持ち越しということにしますね。

別にめんどっちいからではないですよ。

 

長いとなかなか読まないですよね。

でも、少しでも良くなって欲しいと思うので、ちょっとずつにしていきますね。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.22更新

こんばんは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

 

今月もあと10日となりましたね。当院も来週の火曜日が

最終の診療日です。

 

今日はアトピーと切っても切り離せない「痒み」のお話です。

今回はちょびっとばかし長いです。

 

☆痒みを止める薬ってあるの?

皮膚が炎症を起こして痒い

    ⇩

 痒いからまた掻く

    ⇩

 掻き壊して皮膚が傷つき皮膚炎が悪化

 

アトピー性皮膚炎の方はこんな感じの悪循環が出来上がってしまい

悪化し、そして痒みは慢性化していきます。

これまでのアトピーの西洋医学的な観点からの治療や研究は、

炎症を起こした皮膚を対象としたもので

皮膚の炎症をいかに抑えるか

 

がほとんどでした。

 

上記のようなテーマで治療薬もステロイド剤抗ヒスタミン剤など

炎症を抑えるための薬です。皮膚を保湿し炎症を抑えれば、

そのうち痒みも治まってきます。

 

しかし、痒みそのものを鎮める薬や方法があれば、アトピーによる苦痛はさらに

緩和されると思いませんか?

 

ところがどっこい。今のところ、痒みを直接抑えることができる薬は

世の中に存在しません。

なぜなら、人が痒みを感じて掻いてしまうメカニズムが

ほとんどわかっていなかったからです。

メカニズムがわからないのにその対処方法はわかりませんよね。

 

☆慢性的な痒みの原因が判明してきた

2015年に九州大学大学院研究院は

アトピー性皮膚炎に伴う慢性的な痒み~新しい原因細胞を特定~

という研究結果を発表しました。

「この研究結果は、アトピー性皮膚炎に伴う慢性的な痒みのメカニズムに、

これまで注目をされていなかった細胞の重要性を明らかにしたもので、

その解明に向けた大きな一歩となり、将来的に痒みを鎮める治療薬の

開発にも応用できることが期待されます。」(参照

 

僕たち治療家はお薬を処方することも投薬することもできません。

個人的な観点からでもやっぱり薬には頼りたくないですよね。

でも、悪くなった状態から健康になるためのきっかけ作りに

なるのであれば、薬っていうのもまた選択肢の一つかなぁと思います。

アトピーは「なんでなった?」ではなく「体が必要としているからなった」ので、

体がアトピーを必要としない」となれば、勝手に良くなっていきます。

それだけ人間の体には治す力が備わっています。

 

ただ、その備わった力では、もうどうしようもないくらい現代は問題だらけです。

食べ物、家電製品から出る電磁波、某大国から飛んでくる黄砂PM2.5

排気ガス大気汚染シャンプーやトリートメントなどの経皮毒花粉など上げだしたら

きりがないくらい体にとって悪いものが知らず知らずのうちに体内に入ってきます。

理想を言えば、体に害のあると言われる物を全て排除出来たり、体に入らないように

出来ればいいのですが、そんなこと無理です。物理的に無理です。

 

では、どうすれば良いかといえば、入ってきたものをちゃんと体の外に出せればよいのです。

 

いわゆる「解毒・排毒」がしっかりできればOKです。

そしてその機能もしっかり体が持っています。ただ、ちゃんと機能していないだけです。

「解毒・排毒」の機能をしっかり使えるようになるだけで体は変わっていきます。

ただし、そうなるのには一朝一夕ではできません。

寝て起きたら軽自動車がフェラーリには変わらないのと同じで、体も球には変わりません。

少しずつ変化していきます。確実に変化していきます。

 

ご自身の体を信じてあげてください。そしてさくら鍼灸整骨院では、

そのお手伝いができます。

アトピーで悩んでおられる方、もう仕方ないと諦めた方、

さくら鍼灸整骨院に最後の望みを託しませんか?

一緒にアトピーの悩みを解消しましょう。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

 

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.19更新

おはようございます。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

もう朝晩とかなり寒くなり、すっかり冬の雰囲気満載です。

皆さんも朝、お布団から出るのが段々と難しくなってきていませんか?(笑)

 

僕は案外、冬でもスッと起きられます。きっと寝起きは抜群です。

 

前々回、前回と2回にわたり「お風呂がアトピー改善に有効な訳」シリーズでした。

本日は「お風呂がアトピー改善に有効な訳」シリーズの最終回です。

 

3回目は「入浴で体を温め、皮膚機能を正常化する」です。

 

人間は自らスキンケアを行う力を持っています。恒常性とか自然治癒力と同じ感じで、

お肌の状態が悪くなったら良くしようとする力はちゃんと持っています。

それはどういう力かと言いますと、汗腺から出る汗と、皮脂腺から出る皮脂が混ざり合い、

乳化してできる皮脂膜によるものです。皮脂膜は皮膚のバリア機能の一番外側にあり、

弱酸性に保たれることで、細菌などの外敵から皮膚を守る働きをしています(感染症予防)。

しかし、なかなか汗をかけないアトピーの人の多くは、

汗をかかない➡皮脂膜の材料がない➡自分の体で行うスキンケアの力が弱い」ため、

入浴で体を温め、汗をかきやすくすることが皮膚機能の改善につながるのです。

 

当院では頭の骨内臓を調整(矯正)し、解毒機能排泄機能代謝などを良くして、

人間が本来持っている体を治そうとする力を元に戻し、アトピー改善のお手伝いを

させていただいています。

薬を塗ったり、良いといわれることを色々やってきたけども効果があまり感じられなかった方、

出来れば、薬を使いたくない方、アトピーを良くして自分に自信を持ちたい方。

一度、ご相談ください。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.17更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

お昼過ぎから一気に京都は寒くなりました。天気予報では夕方以降に

雪が降るとか降らないとか言ってましたがどうなんでしょうねぇ。

 

今日は前回に引き続き「お風呂がアトピー改善に有効な訳」の2回目を

お送りします。

 

前回は「代謝能力を改善するにはお風呂は良いですよ」という話でした。

 

今回は「お風呂に入ることで異常状態にある免疫機能を正常化してくれます」です。

 

アトピーの原因の一つである免疫機能の異常状態が、いわゆるアトピー反応

呼ばれるものです。免疫系は、自律神経と内分泌系の影響を常に受けています。

よって、それらの異常が免疫機能を狂わせてしまいます。

睡眠不足が続いたら、自律神経を構成する交感神経副交感神経バランスが

崩れ内分泌機能も低下してしまいます。また化学物質は、「内分泌撹乱物質」と

言われるように、内分泌系に影響を与えちゃいます。自律神経系と内分泌系を

正常化することで、その影響下にある免疫機能も正常になり、アトピーの症状を

もたらす原因を解消できるようになるのです。

これが、入浴、特に温泉入浴がアトピーに良いとされる最大の理由です。

 

ちょっとドタバタと忙しくても、アトピー改善の一歩だと思って、ゆっくりお風呂に入る

時間を作ってくださいね。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.15更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

今日は天気予報通り京都ではお昼過ぎから雨が降ってきました。

もーーー。降らなくていいんですけどねぇ。

 

前回はアトピーの方のお風呂の入り方のお話しでした。

本日はお風呂に入ることがアトピー改善に有効な理由を3回シリーズで

お伝えしていきます。

 

決してネタを確保するために分ける訳ではないですよ(笑)

 

では、今日は「代謝を上げて排泄機能を上げる」ということです。

 

お風呂に入ると体がポカポカしますよね。この時期は油断をすると

湯船でうたた寝をしてしまいそうです。朝刊に「お風呂場でうたた寝していて

そのまま溺死」なんて表紙を飾らないようにしないといけませんね(笑)

 

そうそう。脱線しそうになりました(笑)

 

本題に入りますね。

 

お風呂に入ると温熱作用などによって代謝が促進されます。

代謝能力は、日々の生活習慣の繰り返しにとって少しずつ

上がっていきます。

お風呂なら、日常生活の中で無理なく着実に代謝能力を

改善していくことができるんですねぇ。

リラックスもできるし文句なしですね。日本の温泉文化万歳です(^^♪

 

アトピーの方は代謝が本当に悪く汗をかきにくい状態

なっている方が多いです。汗は皮膚のバリア機能を維持したり

体の中にある老廃物を体の外に出す役割もしています。

夏場になると汗をかいて体温調節をしますしね。

 

代謝が悪いと汗をかきにくくなり、せっかく体の中で

「これはいらなーーい」ってなった老廃物も上手に

体の外に出せなくなるので、どんどん体の中(皮膚の下)に

溜まっていき、溜める限界まで来ると、それを何とかして

排泄しようとして軽い症状の場合はニキビ肌荒れ

重症の場合はアトピーとして表面に出てきます。

 

最近では「夏場に汗をかかへんのっていいよなぁ」って言っている

女性がおられますが、

汗をかかない=代謝が悪い=老廃物が溜まる=不健康になる」って

ことになります。

健康で汗をかけるのか不健康で汗をかけないのか…

どっちがいいですか?

 

アトピーに限らず代謝を良くするのは健康になるためには

大切なことなんですねぇ。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

 

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.14更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

あっという間に12月も折り返しですね。そろそろ年末大掃除の準備ですか?

当院はようやく今日のお昼にカーテンを洗濯し終わりました。

そこまで大きくない院ですが、はやりカーテンってやつは一枚ずつしないと

いけないので、時間も手間もかかります。

 

本日のテーマは「アトピーの方のお風呂の入り方」です。

アトピーの方は本当に色々な事に気を使われて生活をされていると思います。

食事にスキンケアに睡眠にと…。

 

当然、入浴の仕方も色々と工夫はされていると思います。今回ご紹介させていただく

方法もすでにご存じの方もおられると思いますし、初めて聞く方もおられると思います。

さすがに、全ての方に当てはまる方法など存在しないのですが、一例として

実践していただくも良し、参考にしていただくも良しという事でお願いします。

 

①お風呂の温度に注意してください。

諸説諸々はあるとは思いますが、30分以上の入浴では、ある程度体に負担をかけると

言われています。なるべく体にかかる負担を減らしながら代謝を促進させたいので、

体温に近い温度での入浴がオススメです。冬場はお湯の温度が下がりやすいので、

40度くらいにしてもよいのですが、出来れば39度くらいをキープしつつ、一回の入浴を

20~30分にします。

あまり高い温度での入浴はオススメしません。

 

②毎日、反復継続して行いましょう

代謝を上げてアトピーを改善していくには、ある程度の量の入浴が必要になります。

朝晩の2回を基本に、時間のある時はなるべく入浴回数を増やすのが良いです。

でも、「1日何回!」とノルマ化してしまうと、精神的にもしんどくなるので、ボチボチに

続けられるペースでしてください。まぁ、1日1回か2回くらいが目安です。

 

③体力に無理のない範囲で行います

お風呂の時間を無理なく確保していく方法として、みぞおちから上の部分が湯に

つからない「半身浴」がオススメです。でも、「寒いなぁ」と感じる場合は、全身欲を

取り入れてくださいね。せっかくアトピー改善の為に頑張ってやっても風邪を引いては

意味があませんから。

 

④入浴環境を整えます

普段のお風呂のお湯は水道水だと思います。日本の水は海外に比べると安心安全とは

思いますが、それでもはやり塩素等で大腸菌等をやっつけるために消毒をしています。

この消毒に使う塩素が入浴中にお肌にストレスをかけたりします。ので、出来れば、

お水の成分水質塩素対策が出来れば理想です。対策として、活水器浄水器を利用したり、

塩素対策用のシャワーヘッドに交換するなど、ちょっとしたことでできます。何でしたら、

色々な機器は高いなぁって思われる方。経口用のビタミンC(ビタミンC製剤は論外)か

アスコルビン酸重曹を薬局で用意して、目安はお風呂のお湯200リットルに対して

ビタミンCかアスコルビン酸を1グラムと重曹を一つまみ位投入すればOKかと思います。

 

※アスコルビン酸は大量に経口摂取すれば腎臓に負担をかける可能性がありますが、

毎日大量に摂取しなければ問題ないかと思います。ただし、「絶対に大丈夫」という保証は

ありません。

 

このような感じで毎日のお風呂もできる範囲で工夫をして憎きアトピーをやっつけちゃいましょう。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間対応の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.11更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

タイトルにもありますが、さくら鍼灸整骨院ではアトピーの治療も行っています。

 

アトピーを整骨院で?

 

と思われる方も多いかと思いますが、整体でアトピーは良くなります。

諦めている方も多いとは思うのですが、良くなります。当然、当院は整骨院なので、

お薬など投薬は一切できません。でも、体が持っている本来の機能を取り戻せれば

ちゃんと体が治そうと働きます。治すのは皆様の体です。当院は、良くなる(健康になる)

お手伝いをさせていただくだけです。

 

・痒くて夜もゆっくり寝られない

・ステロイドはあまり使いたくない

・色々試したけど、あまり効果がなかった

・そもそもどうしたらいいのかわからない

 

など、色々な思いがあると思います。その思いにお応えします。

治るんだ」と自分の体を信じてあげてください。我々は、アトピーで悩まれている全ての方が

良くなると信じて治療します。小さいお子様も、大人の方も良くなります。

あとは、一歩踏み出す勇気だけです。当然、新しいことをするのは不安などでいっぱいだと

思います。でも、安心してください。良くなります。一緒にアトピーのつらい症状から解放されましょう

 

当院ではアトピーの治療は整体だけではなく、日々の食事入浴のやり方シャンプーやリンス

トリートメント日焼け止めなど頭皮や皮膚から吸収される経皮毒けいひどく)など、日常生活においての

指導も一緒に行います。

 

何とかしたいと思っている方。一度、さくら鍼灸整骨院にご相談ください。

 

〒612-8495

京都市伏見区久我森の宮町1-55

075-931-1833

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー施術

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間対応の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.10更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

さっきから雨が降ってきました。

 

今日の天気予報は夕方以降からの雨って言ってたのですが…。

ちょっと早い気がします。

 

ほんと、雨降りの日は嫌いです…

 

今日は「疲れにくい体つくりのためには」ってなことでやっていきます。

その中でも今日は「食生活にも気を付けましょう」です。

 

疲れない体つくりのためには、食生活も凄く大切なのは

重々ご理解していただいていると思います。

まずは、疲労回復力の高い野菜を食べることを意識してください。

でも、食べ過ぎや寝る直前の食事は

内臓に負担をかけるので、反対に全身の疲れの原因になりかねません。

体をいたわる食事量食べる時間に気を付けましょう。

また、糖分脂質は摂り過ぎると疲労回復力を下げてしまうので、

ほどほどにしてくださいね。

食生活を改善し、シェイプアップすれば、体の様々な不調も良くなってきますよ。

 

※疲労回復力の高い野菜

パプリカゴーヤ菜の花アシタバ青じそモロヘイヤえのき…etc

 

最後に。

疲れない食事の7カ条です。

1.野菜をたっぷり食べましょう

2.腹七分目

3.お菓子、スイーツはダメです

4.夜遅い食事は避けましょう

5.食事でストレスを解消しないようにしましょう

6.油を摂り過ぎないように注意しましょう

7.ジュースや缶コーヒーは控えめにしましょう

 

どれも僕の耳がひじょーーーーに痛いです…(笑)

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー施術

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間対応の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2015.12.07更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

最近、こまめに更新していると思いません?(笑)

ネタがあるうちはこまめに頑張ろうかなと思います。

でも、ネタがなくなれば、きっと更新が止まります…(笑)

 

今日のテーマは「首の不調が骨盤~脚にまで影響をする」お話しです。

 

ここ数年、スマートフォンパソコンが市民権を得て、持ってない人を探すのが大変かなと

思うくらいみんな持ってますよね。あっ、ちなみに僕の両親は持ってませんけどね(笑)

 

このスマートフォンの影響で前かがみになって過ごす方が圧倒的に増えました。

便利になった分、体にはあまり良くないですねぇ。現代人、ダメダメです。

で、この前かがみになった姿勢っていうのは、アゴが前に出た状態になってしまうので、

必然的に首の骨が真っすぐに伸びてしまうのですね。「ストレートネック」という症状も、

良し悪しは別として、一般的にも知られるようになってきました。

首の不調は、肩こりや背中の痛みなどと関連付けられて語られる事が多いですが、

実は骨盤から下半身にかけて全身の歪みを引き起こす原因にも

なるんですよ。ご存知でしたか?

全身の骨は筋肉が複雑に交差しながらつながっています。歪みとは、各筋肉の

筋力バランスの崩れでもあります。(内臓が歪んでいても体は歪みます。これはまた

機会があれば書きますね)

 

「ストレートネック」になると、首の付け根にある、脳幹がつまり、脳の働きに影響を与えたり、

首の一部の筋肉に負担が偏ります。その負担をカバーしようと肩甲骨の間が開いて背中が丸まり、

猫背になります。肩甲骨まわりの筋肉がこわばるので、肩が柔軟に動作ができなくなり、肩こりなどを

もたらします。

また、猫背で前に偏った上半身の体重を下半身でバランスを取ろうとし、骨盤が後ろに傾きます

骨盤が後傾すると、今度は膝が曲がったまま前に出てバランスを取って、体重を支えようとするので、

膝への負担が増え、痛みを引き起こす原因にもなります。

 

首のカーブがなくなると肩こりなどを引き起こしますが、このカーブは体の免震構造も兼ねています。

正常な首は、首の7つの骨が緩やかに後ろに向かってカーブを描いています。このカーブが健康な体を

保つカギになっています。地震の衝撃を柔軟に受け止めて分散する「免震構造」のように、首のカーブが

あることで筋肉が左右前後にバランスをとることができ、体の1/10ある頭の重さや、体への衝撃を

受け止めます。ひるがえって言えば、「ストレートネック」は真っすぐな硬い建物が地震で折れやすい

状態になぞらえることができます。首の緩やかなカーブを普段から維持することが大切です。

 

最後にまとめますと…

 

首のカーブがなくなりアゴが前に出る

       ⇩

肩甲骨が開き、肩の筋肉が緊張して肩こりを引き起こす

       ⇩

背中が曲がり、猫背姿勢になる

       ⇩

腰のカーブが真っすぐになってしまう

       ⇩

骨盤が後傾して、下腹部ポッコリ

       ⇩

骨盤とのバランスをとるために、膝が曲がる

       ⇩

筋力が偏るため、歩いてもすぐに脚が疲れやすくなる

 

となるんですね。他にも色々な不調をきたしますので、姿勢一つでもしっかり意識して

普段の生活を送ってくださいね。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー施術

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間の予約フォームもご用意しています。

 

投稿者: さくら鍼灸整骨院

前へ
お問い合わせ
24時間WEB予約受付中 院紹介 アクセス 施術+ご自宅でもできる小顔矯正?! 妊婦さんへ安産に向けた骨盤矯正はいかがですか? 産後の骨盤矯正で「寝て」しまった骨盤を「起こして」身体のバランスを整えましょう 小顔矯正Before After症例写真 さくら鍼灸整骨院Blog
LINE facebook twitter インタビュー
院紹介 アクセス 施術+ご自宅でもできる小顔矯正?! 妊婦さんへ安産に向けた骨盤矯正はいかがですか? 産後の骨盤矯正で「寝て」しまった骨盤を「起こして」身体のバランスを整えましょう 小顔矯正Before After症例写真 さくら鍼灸整骨院Blog LINE facebook