2017.01.31更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

今日で今月も終わりですねぇ。って昨日も確かそんなこと書きましたっけ?(笑)

夕刊をふらーっと見ていたら「すごい豆まき2017」と名の付くイベントの

記事が載っていました。

詳しくは読んでいませんが、どうやら4トンの豆を一晩で撒ききるみたいですよ。

ほんと、この国は平和ですねえ。なんでもイベントにして盛り上がる。

マイナスに捉えるよりは良いとは思いますが、こう何でもかんでも乗っかって

しまうのも、些かどうかと思ったりするこの頃です(笑)

 

本日のテーマは「十分な保水が基本」です。

 

アトピー性皮膚炎の方に必要な乾燥対策の基本は「保水」です。

一般の「乾燥肌」と言われる方の場合、冬以外の季節は乾燥を感じることが少なく、

ある程度、自分の力でスキンケアを行う力が働いています

保水

つまり「汗+皮脂」による「皮脂膜」が弱いながら機能していると考えて良いです。

皮脂膜 汗 皮脂 アトピー

しかし、冬の時期、大気の乾燥が強い為、角質層内に水分を一定量留めることは

できていても、その蒸散が上昇、ということが考えられます。

 

そういった状態の時には、水分蒸散を抑える、という点で見て、油分オイル系アイテム

ケアによるカバー保湿)を重視してください。

しかし、アトピー性皮膚炎の方の場合、掻き壊しによる角質層の大きな乱れがあるため、

水分そのものが角質層内に「留まっていない」状況が考えられます。

掻き壊し バリア機能低下

水分がないのに、その蒸散を抑える「カバー(保湿)」だけを行っても、バリア機能を補うには

至りません。まずは、角質層に十分な水分を与えること、これがポイントになります。そのためには、

乾燥時期、もっとも大切なスキンケアは「保水」になります。

バリア機能復活 補う

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.30更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

今週もあと今日を含めて二日ですね。毎年年明けの3ヵ月は

あっという間に過ぎ去っていく気がするのですが、今年に関しては

今月は、ある意味長かった感じがしました。

例年とは何が違うのでしょうかねぇ。

 

本日のテーマは「冬の時期に適切なスキンケアの注意点」です。

 

お肌の「潤い」とは、基本的に水分により成り立ちます。

ただ、水分はそ止められないのままでは自然と蒸散するため、それを防ぐための「カバー」が

保湿ということになります。

潤い

一般的なスキンケアのイメージとしては、「保湿」という言葉が「モイスチャー」という意味合いに

まとめられ、「潤い」と「カバー」の境界線を曖昧にしています。

境界線 はてな 曖昧

健常な方の場合は「掻き壊し」という要因が少ないため、この曖昧な状態の意味合いでのケアでも

十分なのですが、アトピー性皮膚炎の方の場合、掻き壊しの頻度が多いことでバリア機能を

大きく低下させていることが多く、「保水」と「保湿」は切り分けて考えた方が良いです。

掻き壊し かゆい かく

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.27更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

ここ数日、芋けんぴを食べ過ぎて、顔にちょっとした肌荒れが出始めて

来ています。

この「芋けんぴ」。食べだすと止まらない方が多いですよね。

もはや、魔物です(笑)

食べたものが、身体を作る。なので、出来るだけ体にとってプラスになるものを

撮る必要がありますが…たまには好きなものを食べる時があっても

いいのではないかなぁって思うこの頃です。

決して、芋けんぴを食べている自分を正当化してやろうなんてことではないですよ(笑)

 

本日のテーマは「お肌状態をアップさせるためのスキンケアとは?その①」です。

 

~冬に気を付けなければならないこと~

 

冬の時期、アトピー性皮膚炎の方のお肌の状態は、基本的に乾燥から症状を悪化させているケースが

ほとんどです。

冬は、大気が乾燥することで角質層からの水分蒸散量が上昇し、お肌が乾燥しやすい環境となっています。

そして、暖房で、乾燥状態がさらに助長されます。

暖房 乾燥 お肌 スキンケア

もう一つお肌の乾燥状態を生む原因が「不足です。お肌のバリア機能は、皮脂が混じり合って

作られる皮脂膜が覆うことで成り立ちますが、冬の時期、気温の低下により汗をかきづらいことで、

この「自分の力で行うスキンケア」が低下しやすい状況になっています。

汗 皮脂 皮脂膜 アトピー

つまり、冬の時期にアッピー性皮膚炎の方が気を付けなければならないことは、

1、お肌の乾燥状態を緩和させるための適切なスキンケアを行う

2、自分の力でスキンケアが行うえるようにをかく生活習慣

の二つと言えます。

グッド

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

  

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.26更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

この時期は本当に乾燥しますね。僕も今年は指のささくれがめっちゃできています。

これは、手の水分量が確実に減っているからかなぁと思います。

当院に来られる患者さんの皆様は「手荒れが…ちゃんと保湿はしてるんですけど…」と

仰ります。確かに保湿は絶対に必要です。でも、その前にお肌に潤いがなければ、

なんぼ保湿をしても乾燥は収まりません。なので、ここでも何回も触れていますが、

保湿をする前に「保水」を必ず行ってくださいね。

 

本日のテーマは「アトピー性皮膚炎は、まず角質層内の水分保持を行うことが基本の対策」です。

 

お肌の乾燥状態は、アトピー性皮膚炎の症状悪化や、場合によっては、アトピー性皮膚炎の発症

関わるわけですが、逆に考えれば、お肌の乾燥状態を緩和させることで、アトピー性皮膚炎の症状を

改善したり、時には予防につながることもあります。

教官

お薬をお使いのアトピー性皮膚炎の方は、お薬の基材として使われているワセリンなどの油分が、

皮膚の水分蒸散を抑えてくれる「スキンケア」の補助を行ってくれていますが、元々水分が少ない状態で

蒸散を抑えるカバーを行っても角質層内の水分が増えてくれるわけではありません

間違い

ステロイド剤などのお薬は、お薬の成分(副腎皮質ホルモン免疫抑制剤など)によって、アレルギー的な

炎症から生じる痒みは抑えてくれますが、乾燥から生じる痒みについては効果を発揮できないため、

この「乾燥」が大きく関わるアトピー性皮膚炎の方は、「薬が効きづらい(アレルギー以外の痒みの原因を

抱えているため)」という状態に陥ることもあるわけです。

 

まず、アトピー性皮膚炎の方が考えなければならないのは、角質層内に水分を「与える」ことです。ローションや

ジェル系のアイテムで、まずはしっかりと「保水」(水分を与える)を行い、その上から与えた水分が蒸散しないように

保湿」(油分でカバーする)を重ねることを基本のケアとして考えるようにしてください。

特に、お薬をお使いの方で、お薬を使いながら症状が悪化している、といったケースの場合、薬の影響ももちろん

考える必要はありますが、それ以上に、お薬で水分不足が解消できていないケースも考えた方が良いです。

水分補給

実際、お薬を使う前に「保水」をしっかり行うようになってから、症状が安定した例は数多くあります。

お薬を使用することはアトピー性皮膚炎の原因を直接解消することはなく対症療法に過ぎませんから、第一に

推奨したい方法ではありませんが、様々な状況が関係してお薬を使わざるを得ない方の場合には、「保水」を

併用するように心がけてくださいね。そして、お薬をお使いでないアトピー性皮膚炎の方も「保水」が十分に

できているかしっかりチェックして、適したアイテムで保水ケアを行うようにしてくださいね。

ね

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

下京区、北区、右京区、左京区、長岡京市や向日市、

高槻市、滋賀県など色々な地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.24更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

昨日からの大雪で日本全国どえらい事になっていますね。

鳥取では218センチも積もったとか。そら観測史上最大の大雪って

なりますよね。

10年くらい前までは、スノーボードをやっていたので、雪が降ると

喜んでいたのですが、辞めたとたんに、雪が降ると「………orz」と

なってしまいます。

異常気象と言ってもいいのかわかりませんが、結局のところ、

人間が行ってきた行為に対する怒りの声なんかなぁって思います。

文明の発展も必要とは思いますが、もっと自然と大切にする必要が

あるのではと思うこの頃です。

 

本日のテーマは「お肌の乾燥による問題点」です。

 

痒みの神経線維は、角質層内の水分が不足した状態が継続すると、本来真皮内に

留まっているはずが角質層内に侵入します

そのため、炎症などアレルギー的な要因からくる痒みとは別に、お肌に対する

物理的な刺激」を痒みと知覚しやすくなります。

物理的刺激

角質層が乾燥した状態は、細胞間脂質も崩れることで、乱れた「隙間の多い状態になります。

そのため、異物が侵入しやすく、免疫反応による炎症も生じやすくなります

乾燥したお肌の状態は、特に掻き壊しが見られた場合、本来、皮膚が持つ皮脂膜による

弱酸性の状態を保つことが難しくなります。

そのため、健常な方とは違う細菌叢を形成し、黄色ブドウ球菌ボービス菌などが

多く占めるようになります。

掻き壊し 乾燥

黄色ブドウ球菌が放出するデルタ毒素は、IgEを増強する働きがあることが研究で確認されています。

 

お肌が乾燥する→バリア機能の低下→細菌叢が乱れる→黄色ブドウ球菌デルタ毒素などが

IgEを増強、アレルギー的な要因を生み出す→アトピー性皮膚炎の症状が悪化する

ばい菌

健常な方が、この状態に陥ると、最後の「アトピー性皮膚炎の症状が悪化する」という部分は、

「アトピー性皮膚炎が発症する」ということになり、ここ20年ほどで増加してきた、成人型のアトピー性皮膚炎

多くは、バリア機能の低下から発症していると考えられています。

バリア機能低下

実際、京都大学や慶應大学などの多くの研究機関から、アレルギー的な要因からアトピー性皮膚炎が

発症するよりも皮膚の機能低下が原因でアトピー性皮膚炎を発症していることを裏付ける研究報告があります。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

下京区、北区、右京区、左京区、長岡京市や向日市、

高槻市、滋賀県など色々な地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.23更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

世の中にはビックリする滑り台が存在するのですね。

今日の夕刊に「最大斜度80度の滑り台」の話題が載っていました。

凄いですね。斜度80度ですよ。ただの断崖絶壁ですよ(笑)

昔、スノーボードをやっていて45度の斜度でも結構怖ったですよ。

それが、80度って…。

全国に30か所ほどあるそうですが、大きな事故の報告はないと

書いてましたが…。実際の所はどうなんでしょうねぇ。

ゲームばかりで遊ばしている親もどうかと思いますが、

これはこれで「どうなん?」って思ってしまいますよね。

 

本日のテーマは「~バリア機能の問題~」です。

 

まず、乾燥によるダメージが皮膚に慢性的な影響を与えていくうえでは、いくつか必要な条件があります。

 

乾燥状態が継続する

乾燥の度合いが強い

汗や皮脂が出にくい

皮膚の細菌叢が乱れやすい

 

健常な方の場合、乾燥があっても、ある程度、汗をかいて自分の力でスキンケアを行う力が残っていますので、

乾燥による問題点平行線で留まり、悪化の一途をたどることは少ないです。

逆に、問題点が悪化し続ける方の場合には、その後、「アトピー性皮膚炎を発症する」ことも十分に考えられます。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

驚異の身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

下京区、北区、右京区、左京区、長岡京市や向日市、

高槻市、滋賀県など色々な地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.21更新

おはようございます。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

お肌の角質細胞が隙間を作らずに積み上がっていれば、

外部からのダメージを守ってくれます。

でも、角質細胞に隙間ができることで本来なら、防ぐことが

できる物質もお肌に入りこんでしまいます。そのことが原因で

アレルギーが出たのが「茶の雫」。

まぁ、この商品の場合は、掻き壊しなどもありますが、

そもそも、日用品(シャンプーやトリートメントなど)の成分が

すでにお肌の状態を悪くしてしまっていたために、起こったと

考えられていたりもしますけどね。

 

本日のテーマは「~重ね塗りの方法~」です。

本来お肌のバリア機能は、外部からの異物を防ぐ目的をもっています。

したがって、肌に塗布したスキンケアアイテムが肌の奥深くまで「浸透することも

防ごうとします

跳ね返す

しかし、掻き壊し乾燥がみられるお肌は、通常、隙間なくキレイに

積み上がっているはずの角質細胞が、間を埋める角質幹細胞がダメージを

受けることで、隙間ができた乱れた状態になっています。

壊れた

この隙間を埋めるために必要な、細胞間脂質は、セラミドフィラグリンなどの

成分と水分で成り立っていますが、基本的にセラミドやフィラグリンが細胞間脂質として

「利用」されるためには塗布した中にそういった成分があっても利用されることはありません。

 

細胞間脂質として存在しているセラミドは、複数の種類が組み合わさており、体内で

生成することが必要になります

しかし水分は別です。一定の水分が、この細胞間脂質に供給されることで、乱れた角質細胞の

隙間が埋まることで多少なりとも修復されます。

水分供給

では、どれくらいの水分量を供給することが必要なのでしょうか?

 

基本的に水分を供給するためには、水分を多く含むローションジェル系のアイテムが

適していますが、多くの方のスキンケアにおいて、必要な水分量の数分の1程度しか足りていない

傾向があります。特に冬は大気の乾燥から、角質層内の水分蒸散量が高まりますので、

バリア機能を改善していくために必要な量としては、全く足りていないケースがほとんどです。

ガビーン 足りない 水分 不足

そこで重ね塗りを実践してみましょう。

①ジェル系のアイテムを乾燥部位に、いつも使う量より多めに載せます。

を描くようにお肌になじませます。

③お肌になじんだら、再度同じ方法でケアします。

 

『ポイント』

・最初に乾燥部位に載せるジェルの量は、軽く伸ばしたときに、かなりベタベタする量でちょうど良いくらいです。

・量が多いので、お肌になじむまで時間がかかります。1回のスキンケアで約3~5分位かかる量を載せてください。

複数回行うことで、水分不足に陥った角質細胞に、しっかり水分を供給できます。

ツヤツヤ

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

下京区、北区、右京区、左京区、長岡京市や向日市、

高槻市、滋賀県など色々な地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.20更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

冬の時期って、そもそも空気が乾燥しているので、お肌も

乾燥気味ですよね。僕もこの時期は手の指先が乾燥して、

ささくれだらけになります。

まぁ、志事でタオルやら紙などをよく触るからでしょうけどね。

 

本日のテーマは「~スキンケアアイテム~」です。

 

冬の時期、スキンケアの対策の中心は「乾燥対策」です。

乾燥肌

「乾燥対策」と聞くと、乾燥肌が多いアトピー性皮膚炎の方にとって

「当たり前」の対策と思われる方が多いのですが、アトピー性皮膚炎の方が

イメージする乾燥対策と、必要な乾燥対策は、実は異なるケースが多いようです。

乾燥原因

では、その「違い」とはどこにあるのでしょうか?

 

一言で言うなら、「保水が不足したケア」ということです。

 

スキンケアを行う場合、「お肌を潤す」という感覚でケアを行う方が多いのですが、

乾燥によるバリア機能の低下がみられるアトピー性皮膚炎の方の場合、

この「潤う」という感覚で行うケアはどちらかというと「湿らす程度のケアになり、

バリア機能を改善していくために必要な水分量が足りていないことがほとんどです。

スキンケア

特に、冬場は、大気の乾燥が伴いますので、通常でも角質層からの水分蒸散量は

増えますから、この「足りない」傾向は強まることになります。冬の時期に、「必要な保水」を

目指すためのスキンケアは「重ね塗り」です。

スキンケア

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院は、

身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

下京区、北区、右京区、左京区、長岡京市や向日市、

高槻市、滋賀県など色々な地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.18更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

今朝、車に乗って、エンジンをかけて車内に表示される温度計が

「氷点下1℃」でした!!

今朝は家を出たとたんに、寒さで肌が痛かったんですよ。

そら寒いですよね。

でも、お陰で家を出たとたんに目が覚めるのはありがたいですけどね(笑)

 

 

本日のテーマは「~朝、時間がない時に行う足浴の方法~」です。

 

前回に説明した「準備のための足浴」とは異なり、朝の入浴の「代替え」として行う足浴です。

入浴と同じ効果は難しくても、近づけるための工夫が必要になります。

足浴

まず、血管を拡張してくれる薬用重炭酸湯をできれば使ってください。また、「熱を運ぶ」ための

時間も必要ですので、一定の足浴の時間20分前後)を行う事、そして体温をスムーズに

上昇させる「きっかけ」として行う目的もありますので、朝食後ではなく朝食前に行うように

してくださいね。

20分タイマー

①足浴用のバケツや、プラスチックのコンテナボックスなどに、少し熱めのお湯(42℃前後)を入れて下さい。

 入れるお湯の量の目安はふくらはぎくらいまで浸かれる量です。

②薬用重炭酸湯を1錠入れます。

15~20分くらい足浴を行ってください。

ふくらはぎ

『ポイント』

・入浴の代わりとして行う足浴の目的は血流を良くすることにありますので、薬用重炭酸湯を入れたうえで、

 お湯の量は入浴前の足浴とは異なり、少し多めにしてください(目安はふくらはぎくらい)。

・足浴は、朝食前に行ってください。朝の体温上昇を最も効率よく行うためのエネルギーは朝食から得られます。

 そのため、朝食後ではなく、朝食が終わるまでに足浴を行う方が、体温をしっかり上昇させることができます。

・足浴後は、外気温で熱が奪われないよう、手早く靴下を履いて保温するようにしてくださいね。

体温上昇 血流改善

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

下京区、北区、右京区、左京区、長岡京市や向日市、

高槻市、滋賀県など色々な地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2017.01.13更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

明日は西日本でも大寒波で…とありますね。ここ数年のなのか、

どうなのかわすれましたが、毎年、センター試験の時期になると

寒波が到来して、センター試験に何かしらの影響を与えている氣が

するんですよねぇ。

早いところで、今晩から雪が降り始めるそうなので、みなさん、

色んな意味で気を付けてくださいね。

 

本日のテーマは「~朝、時間がないときは足浴を~」です。

 

体温は1日の中で約1℃の範囲内で変動していますが、朝は、ちょうどこれから

体温を上げるように自律神経が働きます。

体温変動

しかし、夜の睡眠が取れていないアトピー性皮膚炎の方の場合は、この体温を

上げる自律神経の働きのピークがずれやすく、特に低体温35℃台の方)は、

朝の体温が「上げづらい」状況にあります。

低体温 アレルギー アトピー

そこで、朝、血流を良くする入浴を行うことで、この体温の上昇をスムーズに行えるよう

手助けしてくれ、体温調節がうまくいくようになります。

 

一番良いのは、朝食前に入浴を行うことなのですが、仕事や学校で入浴の時間が

取れない方は、朝食前に「足浴」を行ってみてくださいね。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

身体能力向上メソッド『アクシスメソッド』

アクシスメソッド

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

小顔輪郭矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

前へ
院紹介 アクセス 施術+ご自宅でもできる小顔矯正?! 妊婦さんへ安産に向けた骨盤矯正はいかがですか? 産後の骨盤矯正で「寝て」しまった骨盤を「起こして」身体のバランスを整えましょう 小顔矯正Before After症例写真 さくら鍼灸整骨院Blog
LINE facebook twitter インタビュー
院紹介 アクセス 施術+ご自宅でもできる小顔矯正?! 妊婦さんへ安産に向けた骨盤矯正はいかがですか? 産後の骨盤矯正で「寝て」しまった骨盤を「起こして」身体のバランスを整えましょう 小顔矯正Before After症例写真 さくら鍼灸整骨院Blog LINE facebook