2016.02.27更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

今日は雨が降ると聞いていたので、車で来たのですが、

空模様はそんな雰囲気一切ありません(笑)

晴れている方がいいんですけどね♪

 

本日のテーマは「春の悪化要因への対策を始めるPart3」です。

今回シリーズの最終回です。

 

☆気持ちの落ち込みに注意

春は木の芽どきと言われ、心が落ち着かなく感じる方も多いのでは

ないでしょうか?これは、体内のホルモンバランスが季節的な要因により

変動を受けることが原因とされているようです。

ですが、こうしたホルモンバランスの乱れは、アレルギー的な要因から

アトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

 

内分泌の乱れを防ぐ、という観点から考えると、最も効果的な予防法は

十分な睡眠」「適度な運動」の二つです。

 

特に「睡眠」は十分な睡眠をとらないことは、「アトピー性皮膚炎に

良い影響を与えない」のではなく「アトピー性皮膚炎を悪化させる」と

いう逆の状況を生み出します。

質と量が良い状態で睡眠を確保するように心がけましょう。

 

今年は気候の変動が非常に予測しづらい状況です。

早めの春の訪れ、急激な気温の低下、それぞれ必要な対策が

異なってきますので、現在、状態が落ち込んでいる方の場合は特に、

悪化要因」を増やさないよう対策をあらかじめ準備をしておくようにしてくださいね。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.26更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

今日は「脱出の日」なんですって。

どこから脱出するのでしょうねぇ(笑)

 

本日のテーマは「春の悪化要因への対策を始める Part2」です。

 

春になると、少しずつ日照時間も長くなり、その分、紫外線の影響を

受けやすくなります。

皮膚の免役を司るランゲルハンス細胞は、紫外線の影響を

受けやすいため、過剰な紫外線を浴びることは、皮膚の細胞叢を

乱すことでバリア機能を低下させる要因となり得ます。

 

まだ気温も低い時期ですので、長袖の着用など衣類で対処を

行いましょう。

 

ただ、顔や首など露出部位については、外出などで紫外線を多く

浴びることが分かっていれば、UVケアアイテムを使って対処するように

してください。

 

多くの方は、皮膚に「異常を感じて」何らかの対策を必要と考えます。

しかし、皮膚に異常を感じた段階で後手に回っていることは否めません。

特に毎年紫外線で悪化しやすい、と感じている方は、早い目に適切な

UVケアで対処するようにしましょう。

 

当院ではアトピーの方でも赤ちゃんでも安心して使っていただける

日焼け止めを取り扱っています。詳しくはさくら鍼灸整骨院まで。

 

バーデンスサンシェード

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.24更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

少しブログをサボりました。

院のネット環境を変えたので設定などで、ドタバタしていた

だけなんですけどね(笑)

 

本日のテーマは「春の悪化要因への対策を始める Part1」です。

 

☆飛散物質に注意

 

春の悪化要因として多いのが、「花粉」「黄砂」「PM2.5」のように、

炎症を生じさせやすい飛散物質です。

これらの飛散物質は、目に見えて避ける、ということが難しく、

気が付いたら影響を受けていた、ということがないように早めの

対策の準備を行うようにしましょう。

 

具体的な対策としては、物理的な対策をまずは意識します。

マスクを付ける

外から帰宅したら家に入る前に体をはたく

飛散物質が多い日はなるべく外出をしない

飛散物質が多い地域ならば、空気清浄機などの対策を考える

などの方法です。

 

特にPM2.5は、飛散している場合、地上に落下することがなく、

風邪など大気の流れにより「吹き飛ばされる」までその地域に

留まるので注意が必要です。

 

飛散物質に関しては、本当にどうしようもない場合が多いかなと

思います。だからと言って諦めるのではなく、少しでも対策を取って

しないとアトピーの悪化要因になりますので、自分でできることから

少しずつ行っていきましょう。

 

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.18更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

今日は見た目以上に寒いです。寒いです。さーーむーーいーー。

 

身体が冷えると、身体の免疫システムが低下して不要な病気になったりも

しますので、油断せず暖かい格好であと少し乗り切ってくださいね。

 

本日のテーマは「冷えの改善で正常な血管への構築をしましょう」です。

 

アトピー性皮膚炎の方は、ついつい痒みで、肌を掻き壊してしまいますが、

この掻き壊しで赤く炎症を起こしているアトピー肌は「毛細血管がとぐろを

まいた状態」になっています。

 

これは、掻き壊しによるダメージから回復させるため体が毛細血管

作ろうとしますが、急激に血管を増やそうという働きは成熟に至らない

未熟な血管を多く作ってしまうことが原因です。

 

血管壁の隙間が大きい未熟な血管は、炎症を引き起こす血液中の

因子(物質)を漏れやすくさせ、そのことが『炎症➡痒み➡掻き壊し➡未熟な血管の増殖

といった負のスパイラルの形成につながっています。

アトピー肌の改善には、血管壁が大きなキーワードであり、成熟した「正常な

血管壁を作っていくためには、冷えの改善が大切になってきますので、

特に寒い今の時期、運動入浴で血流を良くする「行動」はしっかりと

行うようにしましょう。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.17更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

今日は「ツタンカーメンの日」って知っていましたか?

どうやらに1925(大正14)年、ハワード・カーターが、エジプトの王家の谷で

ツタンカーメン王のミイラを発見した日だそうです。

 

プチ小ネタでした(笑)

 

本日のテーマは「冬の冷え対策」です。

 

アトピー性皮膚炎の症状により、皮膚に掻き壊しが見られている場合、

その掻き壊した「状態」を修復するのは自らの「治癒力」です。

そして、その修復のためには、様々な因子を必要とします。そうした

因子を肌に「届けてくれる」のは、血液です。

 

冷えの状態とは、手足が冷たい状態を指しますが、なぜそうした状態が

生まれるのかといいますと、熱を運ぶ血液が十分でない、つまり、

血流が悪い」ために生じます。

血流が悪い=冷えの状態」ですので、冷えを感じている場合、皮膚を

修復するために必要な因子も、血流が悪いことで不足がちになります。

 

当然、皮膚が修復されない=バリア機能が低下した状態、ということに

なりますので、バリア機能の機能の低下が、アトピー性皮膚炎の発症要因、

症状の悪化要因につながっていることから考えても、改善の必要が高い

「項目」と言えます。

 

冷えの対策は、一言で言うならば、「血流の悪い状態を改善する」ことに

ありますので、血管を拡張して血流を良くできる「方法」を選択する必要があります。

 

そうした「方法」として身近な方法は、運動入浴です。

血流が良い状態を「定着」させるためには、そうした、血流を改善する行動を

反復継続して行っていくことが必要になりますので、多くの方が毎日の生活習慣として

行っている「入浴」を取り入れることが手っ取り早く、そして体へ継続した影響を

与えられることからも適していると言えるでしょう。

 

先日に書かせていただいた「乾燥対策」での間違ったポイントが「保湿系アイテムを

中心にケアすること保水が十分でない)」ことにあったとすると、冷え対策の

間違ったポイントは「入浴温度が高い」ということにあります。

入浴温度が高いと、その熱を深部に受け入れまいとする体の働きから却って

血流を悪くしたり、皮膚表面に熱を持つことから熱を冷ますため角質層が

水分蒸散量を増加させ、そのことで皮膚が乾燥しやすくなるなど、

「アトピー性皮膚炎の方が行う入浴」としては、不適切であるといえます。

 

入浴温度や回数、入浴方法に関しては、お肌の状況、体調などにより異なりますので、

「自分の適切な入浴をお知りになりたい方、確認されたい方は、当院にご相談ください。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.15更新

こんにちは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

昨日は最高気温22度。今日は8度。

この温度差。何かの罰ゲームですか?と聞きたくなるくらい

身体には応えますね。

 

本日のテーマは「冬の乾燥対策」です。

 

寒い時期、お肌の乾燥がみられる方は、乾燥状態が強くなれば

なるほど、最も必要な「保水」の対策が十分にできていないケースが

見受けられます。

 

これは、保水ができていないことが乾燥状態を悪化させている

という事と、乾燥状態が強ければ保水系アイテムが浸みやすいので

十分な「保水ができていない、という両者が悪循環の輪を形成している

ケースが多いです。

 

乾燥を抱えている方の多くは、保湿系アイテムとオイル分を含んだ

アイテムを利用されていますが、オイル系アイテムは、肌に

残っている水分の蒸散を防ぐ」効果はあっても、肌に

新たに水分を与える」効果はありません。

 

元々少ない水分しかない肌に対して、いくらオイル系アイテムで

保湿、保護をしても、水分量の「減少」は防げるでしょうが、水分量を

増加」させることは、保湿系アイテムでは難しいということです。

 

そこで、「保湿」系のアイテムを上手に使って、まずはお肌の

水分量」を増加させて、その後、保湿系アイテム、保護系アイテムを

使って、お肌の水分量を「減らさない」ケアを重ねるように意識してみてください。

 

特に、ステロイド剤プロトピック軟膏をお使いの方は、基材にワセリン

クリームが使われているため、ある程度の「スキンケア」を薬の使用で

同時に行えますが、「保水」が十分できていないことで、かえって皮膚の

バリア機能を改善できていないケースが多いです。

お薬を使用している方は、その使用の前に、まず「保水系アイテム

使って、水分を与えるケアを行うようにしましょう。

 

アトピーでお悩みの方はもちろんですが、アレルギーがなくても、

肌荒れでお悩みの方もこの時期は保湿、保護と一緒に保水も

やってみてください。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.13更新

こんにちは。京都市伏見区 さくら鍼灸整骨院の木藤です。

 

今晩から京都では雨降りと天気予報ではなっていました。

 

すでに怪しげな雲がモクモクと空を覆い始めていますが…。

 

本日のテーマは「自分自身に合った生活スタイルを作り上げる」です。

 

生活環境食習慣などによって、アレルギーの原因は発症の仕方、

症状の出方はそれぞれ異なってきます。ご両親が集めた情報や

知識から、その子に合った生活スタイルを、その子なりの方法で

作り上げていくことが大切になります。

 

計画した生活方法や食べ方を実際に実行してみて、その結果から

うまくいったかどうかを判断し、反省点があれば改善していく、

この繰り返しがとても大切になります。

そして、自分に合った生活を 見つけ出していく方法も、

子供たちに伝えていく必要があります。

 

食生活を考える場合は、まず哺乳動物であるヒトの食性に

合ったものでなければいけません。そして、日本人であれば

日本という風土に合った生活と食習慣を作り上げていくことが

大切です。

 

毎日の生活の中では、未来を見つめて目標を探し出す努力

することも大切です。

そして、子供たちが地球環境やそこに育まれる様々な生命の

大切さについて考え、健康的で自分らしい生活を築いてくれたらと

思います。

 

長々とシリーズで書きましたが、最終的にはアトピーは誰かが治してくれると

言うわけではなく、「治すのは自分だ!!」という気持ちが大切になります。

我々、治療家はそのお手伝いをするのが使命だと思っています。

良くなる環境、良くなる習慣、良くなる食生活など多岐に渡ってアドバイスは

します。

でも、それを信じて実行していただけるかがポイントになると思います。

 

誰のためでもなく、自分のため、お子様のため。そして、それを支える我々治療家。

しっかりご自身の生活スタイルと向き合ってすれば、必ず良くなる希望が

出てきますよ。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.12更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院 木藤です。

 

昨日の祝日はセミナーに行ってきたのですが、

とうとう、新しい領域に足を踏み込んでしまいました(笑)

 

いやいや。患者さんのためですので、どんな領域でも

突っ込んでいきますよ。

 

本日のテーマは「アレルギーのお子様が持つキラッと輝く素晴らしい力」です。

 

アレルギーを持つお子様は、アレルギー症状が出ている状態では、

自分が持っている力を十分に発揮することができません

しかし、アレルギーがうまくコントロールされ体調がよい状態が続けば、

キラッと輝く素晴らしい力を発揮できるようになるものです。

 

興味を持ったものに意識を集中し、素晴らしい能力を伸ばすことができるように、

ご両親はその子のいい面を見つけて、伸ばしてあげてください。

もちろん、本人が自分で好きなことや能力を伸ばせることを探し出す

努力をすることも大切になりますけどね。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

アトピー整体

プロポーションダイエット

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.10更新

こんばんは。京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院の木藤です。

まだ2月も前半というのに、ちらほら梅が咲きつつあるそうです。

そういえば、桜の蕾も見かけるなんて話も聞きました。

ちょっと早い気もしますが…(笑)

 

本日のテーマは「アレルギーの知識をお子様にしっかり伝える」です。

 

アレルギー反応の起こりやすさは、親からの遺伝胎児期の母体内での

環境(特に妊娠初期)、その後の生活環境食生活によって変化します。

遺伝や胎児期の環境による影響は一生続き、環境中に悪化要因があれば

他の疾患につながることもあります。

 

お子様がアレルギー性疾患となり、原因となるアレルゲンがわかったならば、

まずはご両親が努力して、生活環境食生活の改善のための知識

具体的な改善方法を勉強してください。

 

その後は、お子様本人が生活改善術を身につけて、一生健康で充実した

人生を送ることができるように、ご両親が得た知識をしっかり伝えることが

大切になります

 

ご両親だけがアレルギーの知識を得て一時だけ実行したとしても、お子様の

アレルギー症状が改善するはその期間だけです。健康を維持するための

生活は、お子様に、さらにはお孫さんや子孫まで伝えていくことが大切ですよ。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

プロポーションダイエット

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

2016.02.08更新

こんにちは。さくら鍼灸整骨院の木藤です。

 

今日は気持ちのいい天気です。快晴です(^^♪

寒いですけどねぇ。。

 

本日のテーマは「お子様のアレルギーをしっかり把握する」です。

 

アレルギー性疾患の悪化には、季節年齢の変化といった要因が

関わっています。

アレルギーの治療では、それらの変化を考慮に入れて予測しながら

生活を組み立てて計画していくことが大切になります、

 

そのためには、お子様のどんなアレルギー過敏症があるのか

しっかり把握しておく必要があります。

 

私たちの身の回りには、アレルゲンとなりうる物質が数多く

存在しています。環境中の化学物質にはどんなものがあるのか、

それらの化学物質が生活空間のどこに存在しているのかなど

情報を集めて知識を蓄えましょう。

 

何にアレルギーを起こしているのか?アレルギーを起こしやすい誘因は何か?

を知るために、生活環境における変化や病気、血液検査の結果からしっかり

把握しておく必要があります。

 

じゃあどうやってやったら良いのかってなりますが、例えば常にメモを取ってみるのも

良いと思います。どんな時にどんな症状が出たとか、どの時期になったらどんな症状が

出たのか、どんなことをしたらマシになったのかなどです。そうすることで、お子様一人一人の

やり方が見えてくるかなぁと思います。

 

京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院では、

プロポーションダイエット

アトピー整体

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

不妊・子宝整体

マタニティ整体

O脚矯正

小顔矯正

などを得意としています。

 

京都市伏見区や南区、山科区、西京区、中京区、上京区、

長岡京市や向日市、高槻市、滋賀県など色々な

地域の方のご来院も多くあります。

 

何かお悩みのことがありましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

初めての方は24時間受付中の予約フォームもご用意しています。

投稿者: さくら鍼灸整骨院

前へ